専門

1196現在のオンライン
134今日の読書
34今日のシェア
多言語ディスプレイ

清明節2泊3日の旅行ガイドです

2018-02-27 14:24:00

古称は東京、汴京(大梁、汴梁とも)、略して汴といい、「十朝の古都」、「七朝の都会」とも呼ばれました。皆さんは包青天といえば絶景ですが、特に春に行きます。私は清明節を利用して行きました。行く前にインターネットで年間チケットを作りました。年間チケットは一枚60元で、一年一ヶ月の間に16の観光地を何度でも観光することができ、10以上の観光地が市内にあります。観光地が多いことも、3日間滞在する理由です。宿泊するところはとても安くて、2晩でほぼ200元で十分で、食事はもっと安くて、いくつかの地元の軽食があって、名前はそんなに大きく響きませんが悪くありません。1日目:包公祠、府2日目:大相国寺、公園3日目:清明上河園、天波府、中国翰園です。

方法/ステップ1です
1

包公祠は周知のとおり、北宋時代に府尹を務め、権力者を恐れず、山のように法を執行してきた包青天を称えた場所です。札に書かれている包公祠の敷地は1ヘクタールで、大殿、二殿、東西配殿、半壁廊、碑亭からなります。確かにそれは本当で、玄関から行くと本堂が見えます。東側が苑で、石の彫刻や水の榭でできていて、下の桃の花の図はその東側で撮ったものです。祠の中には包公の銅像、龍、虎、犬の銅押し切り、そして包公の断案1対1の蠟人形、下の図は蠟人形です。中は専門の役者があって包公のいくつかの経典の典故を演じて、とてもにぎやかです。

2

府府は包公祠の近くで、ここが包公の役所です。府は北宋時代の天下の首府で、楼を上ると包公の祠と接しています。

3

大相国寺大相国寺は線香が盛んな大相国寺なので、人も多いです。大相国寺は唐の時代に建てられ、北宋の時代に増築され、清朝の康熙年間に修復されました。『水滸伝』に出てくる魯智深の垂楊柳倒抜の話は、このあたりから出てきます。天王殿、大雄宝殿、八角瑠璃殿、蔵経楼、千手千眼仏などの遺跡が保存されています。中でも千手千眼仏は壮観で、私は信者ではありませんが、信仰を持つべきだと思ったのは、しばらくの間だけでした。

4

公園公園に入って最初に見えるのは宮殿です。宮殿に続く道の両側は湖になっています。湖の近くには柳が茂っています。ここの公園の歴史的な雰囲気は非常に、植生も比較的多く、いくつかのプログラムがある場合は、正しい時間を見ることができます"九帝ウェルビング"、"カップ酒兵士の権利"、"ヤン八姐遊春"、"李師師勧君"などの豊かな宋の宮廷文化の特性を持っているプログラムは、もちろん、私の時間はちょうど良いです。公園が有名なのは、年に一度、菊の花が咲くのもここです。秋十月になると、園内は大勢の人でにぎわいます。その光景に負けないという牧丹。ちなみに市の花は菊です。

5

清明上河園清明上河園は湖の西岸にある宋代の文化テーマパークです。清明上河園といえば張択端画伯の写実的な絵「清明上河図」が欠かせないようです。今見ている清明上河園は絵と同じです。私にとって、清明上河園はとてもいいと思います。山は高くないけど美しいです。水は深くないけど澄んでいます。花は多くないけど美しいです。私たちが清明上河園に行った日には霧雨が降っていました。

6

天波府天波府は、北宋の抗遼の名将、楊業の邸宅であり、楊家将の「天波楊府」は、出身者が必ず訪れる場所です。楊家代々の忠良、報国の物語は、ドラマや映画にもなっているので、天波楊府がどんな様子なのかとても気になります。天波府の練兵場はまたいくつかの兵器を陳列して、練兵場のそばの議事堂、更に後ろは小さい花園で、その時行った時一面のチューリップで、開いたのはとても美しいです。とても大きな馬場もありました。

7

中国漢園中国漢園天波楊府和の間に位置して、公園の西側、清明上河園の反対側は、中国の最初のだけでなく、最大の民間、景色を推すことができます。入った後にも私を失望させていないで、十大碑廊、碑3700余りを刻んで、1基の詩、本、絵、印の精華の大規模な文化の宝庫と中国文化の名園を集めて、これらの芸術をよく分かりませんが、しかしやはり壮観だと感じます。山水風景区は十数箇の人工の峰、5つの滝、3つの島、10の橋、2つの大型の噴水、そして碧の波打つ漢園があります

8

湖、山頂に登って景色を見ていた私は一時時間を忘れました。

推奨情報
0.088166s