専門

439現在のオンライン
134今日の読書
34今日のシェア
多言語ディスプレイ

地震からの脱出術です

2018-05-14 22:24:24

地震は人間にとって非常に恐ろしいもので、大きながれきや土砂が生き物を飲み込んでしまいますから、地震が来たときの脱出手段が不可欠です。私は地震を肌で感じたことがありますが、被災地にいなくても突然の地働には度肝を抜かれます。2008年の5月だったと記憶しています。進学試験の準備をしていた私たちは教室で勉強していました。突然目眩がしました。それに伴い、教室の机や椅子が働き始め、天井の電灯が揺れ始めました。上の階の学生が続々と下に向かって突進し,口の中で「校舎が崩壊します!」と叫んでいる。校舎の出口までは1丈しかなかったと思いますが、私には一生近くかかったような気がします。幸いその後は無事でした。2008年以降、大小の地震が相次ぎ、こんなに多い地質災害に直面して、私たちはどのように避難しますか?今回は、地震からの脱出術について見ていきます。

工具/原料です
1

頭脳です

2

両足です

方法/手順です
1

まず地震の予兆についての知識が必要です。大きな地震が起きる前には、何らかの兆候が見られます。地下水異常、生物異常、地声異常、地光異常、地震雲、気象異常などです。

2

地下水の異常:濁り、泡立ち、翻花、昇温、変色、変味、急升、急降、源泉の急な枯渇や湧出などがあります。生物の異常:牛、馬、ロバ、ケッテイ:パニック、不安、厩舎(きゅうや)に入らない、食事をしない、騒ぐ、騒ぐ、けんかをするなどです。地音異常:地下で音がするのは砲声や雷鳴のようなもので、重い車が走るのと同じようなもの、大風が吹くのと同じようなものです。地光異常:地震前の地下からの光のことで、その色は様々で、日常生活では珍しい銀青、白紫などの混合色が見られます。赤と白が主です。

3

次に地震の中でいくつかの避難の技術を学びます。地震が来た時に、先ほど述べたように足を上げて逃げてはいけません。これは地震で一番危険なことです。地震を感じたら、トイレ、耐荷重壁、キャビネット、テーブルの三角空間を利用してその場でしゃがんで、飛び降りないようにします。両腕で頭を守り、ガラス製品や窓、その他落下のおそれがあるものから離れ、揺れが収まったら電気やガスを止め、安全を確認して速やかに建物から退去します。エレベーターは絶対に使用しないで、建物の外壁のタイルの落下に注意します。屋外では建物や看板、ポール、電線などから離れます。地震の場合は、車の中で、車を止めてはいけませんが、できるだけ、地滑り、転石、川、建物、橋やポールを避けるために、壊れた橋や洞窟を横断しようとしないでください。

4

建物の下に閉じ込められた後は、慌ててはいけません。先ほどの指示では、トイレや頑丈な三角空間の中にいることになります。そのときは、できるだけ体力を温存し、自力で脱出できないときは、体力を温存して救助を待ちます。何か食べたり飲んだりできるものがないか、周辺を探してみるといいでしょう。

5

この文章は自分の経験から得ました

注意事項です

体力を温存する

推奨情報
0.096426s