専門

1196現在のオンライン
134今日の読書
34今日のシェア
多言語ディスプレイ

主にどれらがありますか?中岳廟の観光地

2018-02-27 17:36:00

中岳廟は中国のAAAA級の観光地で、観光地も多彩です。登封市嵩麓にあります。その前身は太室祠で、秦(紀元前221-207年)に創建されました。これは上下五千年のわが国の文化の宝の一つです!ということで、主なスポットをご紹介します。

工具/原料です
1

太室闕です

2

中華門です

3

天にともなって枋頭をつとめる

4

崇聖門です

5

化します

6

峻極門です

7

竜王廟です

方法/手順です
1

1、太室闕は中岳廟の天中閣の南600メートル余りの中軸線上にあります。中岳廟の前身である太室祠の神道闕で、当時の長呂常が建てたもので、少室闕、啓母闕とともに中岳漢の三闕と呼ばれています。太室闕の位置と神道は昔から変わっておらず、太室山の神を祀っている貴重な遺物です。とても厳かな場所です。

2

中華門の中岳廟の前門、元は「坊」といいます。中華門の北には八角軒の亭、「遥参亭」があり、昔、旅をして岳の神様にお参りした場所です。大切な場所です。

3

元は「宇廟坊」といい、古代には中岳を土の神と呼んでいました。斗拱雀替、彫琢華麗です。この門は、かつて中岳神が「中岳天中崇聖大帝」に封じられたことに由来しています。

4

4、崇聖門崇聖門の東に古い神庫があって、北宋で創建します。古神庫の周囲には、およそ3トンの巨大な鉄の男4人がいて、それらは一人一人が拳を握って腕を振って、生き生きとした姿で、まるで神兵のようです!彼、それはやはりわが国の現存する形体がとても大きくて、保存のとても良い4つの「庫の鉄人を守る」で、しかも北宋の鋳造の芸術の珍品です。行ってみる価値があります。

5

5、化化の北は峻極門で、中門の両側に1丈4尺の高さの2体の将軍の樫があるため、故また「将軍の門」と名をつけます。西側の化後、字の碑亭があります。境内には清代の石碑が一通立っていますが、碑には線があるだけで、文字がないので「無字碑」と呼ばれています。これは面白いので、ぜひ見てみることをおすすめします。

6

6、峻極門峻極門前東側四角亭内に「中岳嵩高霊廟碑」があります。嵩山で最も古い一通の石碑で、全部石の彫刻でできていて、中の碑文は嵩の有名な道士寇謙が書いたと言われています。ここに東岳殿、中岳廟、殿、西岳殿、北岳殿があって、中岳を足すとちょうど五岳です。書道を習いたい人は見学に来てもいいですよ。

7

7、竜王廟竜王廟、その建物は中岳廟院外で、全体の建物は昔のようで荘厳で、今は唐代の古い廟の基地の上で建設して現代と古代の建築の特色の道観を持って、この中で岳山脈の首廟の竜王、竜太子の様子が生き生きとしていて、とても威厳があって、多くの人を引きつけてすべてこの礼拝に来ます。実は多くの地方はすべて竜王廟があって、私達の村の中で1つだけあって、も何の名勝風景ではありませんが、しかし私達のこれらの庶民に対してとても意義があります。名所なので、お参りするのもオススメです。

注意事項です

注意してください、特にこのような国の財産の中で私たちの旅行環境を保護します!

推奨情報
0.090479s