専門

439現在のオンライン
134今日の読書
34今日のシェア
多言語ディスプレイ

武当山の観光ガイドです

2018-02-27 06:24:00

武当山は省と市に位置して、ここは奇峰が林立して、景色は美しくて、有名な道教で、真武大帝の道場、武当山の古建築群はすでに世界文化遺産に登録されて、国家の重点文物保護単位です。武当山の古建築は唐に建てられて、過去の王朝はすべて建て直されて、明代の帝王は武当山を「太岳」と封じて、地位は五岳の上にあります。名実ともに天下第一にします。武当山を皇室の家廟として建設しました。今や五里一庵十里一宮、仙山瓊閣の境地となりました。

工具/原料です
1

飛行機です

2

列車。

3

自動車です

手順/方法です。
1

数年前に私はかつて武当山を通ったことがあって、しかし自分が道教の文化に対して感じて、武当山の歴史に対してすべてまだ十分に理解していないで、この方面の宿題は少ししていないで、盲目的に行って恐らくこの世界的なものに対して1種の冒涜と怠慢です。今年私はついに再び武当山に行く机会があって、この自然の風景と人文の景観に親しむことに行って一体となって天下に溶け込んで、近くで彼女の神秘を感じて、心の中は自然に無限の期待に満ちています。

2

武当山に行ったのは十月三十日でしたが、ずっと旅をしていたので、何曜日かは気になりませんでしたが、あとで行ってみると土曜日で、人がとても多かったです。これは大きなミスと言わざるを得ません。朝、私は市自働車南駅から武当山鎮行きの自働車に乗りました。武当山は老営鎮という名前です。下車してからバスに乗り換えて山門まで行きます。それから観光客に行って切符を買います。入場料に70元の観光料金を加えます。この観光料金が必要です。観光地と観光地の間には普通10数キロの道のりがありますから。チケットをチェックした後、景区バス停でバスを待って山に行きます。一つは瓊台景区(瓊台ロープウェー駅)、二つは南岩景区(烏嶺)です。私は瓊台景区に行きました。太子坡の下の車で瓊台景区を選びました。金殿は金頂の上で最も有名な建築物で、明代の銅鋳金で、中に祀られている銅鋳真武帝神像は武当上で最も美しい神像と呼ばれています。人が多いため私は人の流れに囲まれて金殿を取り囲んで2周しました。

3

金の頂の上に立って、感じて天は広くて、心はさわやかで、極めて遠望して、壮懐激働します。その感覚は二言三言で包み込むものではありません。金頂から降りるには2つのルートがあります。一つはロープウェイで瓊台まで降ります。二つは後山下から三、二、一を経て宮、檳梅祠まで行きます。

4

1つ目は時間も手間もかからない、ツアーのようなルートですが、観光スポットは捨ててしまいます。2本目の道は手間がかかりますが、裏山の景色を一望できます。私は裏山を選んで、通りました。三、二、会仙橋、一は宮に着いて、時間はおよそ1時間半かかります。少し休憩して更に前に進みます。榔梅祠に着きます。榔梅祠に着いてから二つの道があります。一つは左環路から南岩景区に行きます。道は遠いですが、南岩景区を全方位に見ることができます。もう一つは烏ヶ嶺に直接行って、それから南岩景区に行きます。南岩景区を周遊して、多くの信者を死なせた龍頭香を見ました。玄帝殿などを見て回り、烏嶺の駐車場に着きました。まだ時間に余裕があるので、紫霄宮まで行くつもりです。紫霄宮は武当山展旗峰の下にあり、明代に建てられた木造建築で、最も完璧な武当山の古建築を保存しています。三十分ほど見物して、それから紫霄宮門前の停留所で太子坡に戻るのを待ちます。太子坡は武当山のY字型観光コースのポイントで、南岩景区から戻る車も、瓊台景区から戻る車も太子坡に到着します。

5

次の朝、私はまず太子坡景区に行きました。太子坡は復真観とも呼ばれ、浄楽王太子は15歳で武当山に修行に来たと伝えられています。老婦人は答えました。針を研いでいます、と太子は言った。鉄の杵で針を研ぐなんて、むずかしいじゃありませんか。老女は、功なれば成る、と答えました。太子は深く啓発されて、深山に帰って更に修練を続けて、ついに修練を成功して真武大帝になりました。復真観の中で最も有名な建物は五雲楼です。五雲楼が有名になったのは一柱十二梁といって、一本の柱の上に十二本の梁をくぐった緻密な設計のためです。昔から誉められてきました。観光を終えた後、下山して太子坡の駐車場に行き、車に乗って逍遥谷に行きました。逍遥谷の主な武術場です。一日二回、午前10・30、午後4・30です。

注意事項です
1

日帰りでは緊張して歩ききれないので、2日間の方が楽です。またです;武当山の観光施設はとても完備していて、食べて、泊まって行くのも問題になりません。武当山の全体を味わいたいならツアーに参加しない方がいいです。自由に泳いでいるなんて、素敵ですよ。

2

注意事項です;険しい山道では滑りにくい登山靴やトレッキングシューズが必要です。

推奨情報
0.084642s